開く


“内に秘めている” 才能。。未来への可能性。。
本当の自分に出会い、新しい扉を開く鍵が、
この3年にある!

大切なお子さまを3年間
豊かな自然に囲まれたボーディングスクール(全寮制高校)に預けるだけで
生まれながらに持っていた才能が開花し、本当の自分に出会えます。

そんな話、にわかには信じられないでしょうか?

「どんなお子さまも、生まれながらに輝く才能を持って生まれてきます。」
40年以上、子どもたちと向き合ってきた私たち教職員が、子どもたちから教えられたことです。

秘められていた才能と出会い、人生を輝かせることができるかどうか。
分かれ道となるのが、子どもから大人へと成長する“この3年間”にあります。
高校3年間という貴重な時間をどう過ごすのか? それは、どんな自分になるのかが決まる大切な3年間でもあります。

私たちは昭和49年から、日本の柱となる「人格」と「学力」を高める教育を実践し続けてきました。
山を切り拓き、豊かな自然に囲まれたこの地で、創設者と共に目指してきたこと。
それは「世界に通用する日本人の心と実践力」を学べる最高の学びを提供することでした。

「Identity:日本人の精神性」
「Grit & Resilience:やり抜く力と折れない心」
「Co-Creative & Co-living:共創力と共生の心」

私たちの教育は、この 3つの柱から成り立っています。

物事には中心となる柱が必要です。
子どもたちが世界に羽ばたくために欠かしてはいけないこと。
それが「 日本人の精神性」だと考えています。
日本人としてのアイデンティティがあるからこそ、世界を知ることができます。

私たちがこだわり続けてきたこと。
それは“豊かな自然に囲まれた全寮制の学校”であることです。

人は失敗を経験することで、成功への道を発見することができます。
上手くいかないという事実を前にすることで、初めて自分の無力さを知ります。

創意工夫を重ね乗り越えていくことで、折れない心や強さを学びます。
そして困難を乗り越えた時の成功の喜び。それが成長へと繋がります。

自然とは、人の思い通りにならない象徴です。
自然と向き合うことで、無力な自分に出会います。
自然と向き合うことで、本当の自分に出会います。
そして、 困難を乗り越えたとき、秘められた才能に気づくことができます。

人が生みだすモノには人の意志が見え隠れします。
自然の生み出すモノには、人が考えるちっぽけな意志などは通用しません。
だからこそ、本当の自分をさらけ出し、秘められた才能に気づくことができます。
それはもう一人の教師がいることと同じ。“自然が子どもたちを育む”のです。

人は一人では生きてはいけません。
それは誰もが知っていることです。ただ、日常の中で、その事に気づく事は多くありません。
寮では仲間と共に生き、苦楽を共にします。
そこで育まれること。それは チームワークであり、リーダーシップです。

寮で生活することで自然と、仲間を知ること。仲間を受け入れること。仲間を活かすこと。
そして、自分以外の誰かの存在を認め、共創することで達成できる可能性を知る
ことができます。

また仲間と共に味わう成功の歓喜。最高の感動。
喜びも悲しみも、仲間と共に味わうことで、心を揺さぶる本物の体験に繋がります。

暗記型の学力偏重社会への疑問が投げかけられている昨今。
本当の学力とは何か?という議論が教育界を揺るがしています。
2020年に向けて、「学力の定義」が変わります。

私たちが、創立から一貫して大切にしてきたこと。
それは、学ぶことを通じて、子ども達の可能性を引き出すことにありました。
学力は学びの力を把握するために大切なものだと考えています。
学力を犠牲にして何かを掴むというのは、本末転倒の話です。
でも考えてみて下さい。
学力だけで、子どもたちの未来を輝かせることは出来るのでしょうか?

学力と共に大切なこととは、学ぶことを通じて、子どもたちが持っている潜在的な力。

その事に、子どもたち自身が気づくことができる環境を用意すること。

それこそが、“日本人の精神性”“豊かな自然”“全寮制”そして“少人数教育”という、

私たちの学びの特徴に結実することになりました。

3年間というとても大切で、とても貴重な時間。
戻すことのできないこの3年間、大切なお子さまを私たちに預けてみませんか?

お会いできるのを、教職員一同、楽しみにお待ちしております。

学校法人大和山学園
松風塾高等学校 教職員一同