開く

「18歳からをどう生きるか」 その答えを自分自身で見つける場所

Who are you ?

中学生でも、この問いの意味はわかるでしょう。では、この問いに今のあなたならどう答えますか?このシンプルな問いにどう答えられるか。それがそのまま社会の中でのあなたの存在価値になります。

正解のない時代と言われる今、求められるのは、自分の信じる答えを見つけ出し、勇気を持ってそれを言える人です。グローバル社会と言われる今、尊敬されるのは育った故郷や国、そして自分が何者かを、誇りを持って堂々と語れる人です。

これまでの社会を形づくってきたさまざまな「当たり前」が激しく変化する時代には人としての芯が強い人が生き残り、そして夢を叶えられます。

学問はもちろん、変革の時代を生き抜く強さとしなやかさを身に着け、胸を張って18歳を迎えたい。たとえ厳しさが伴っても、かけがえのない成長のためのゴールデンエイジを無駄に過ごしたくない。そんな覚悟と強い想いを持った若者に、松風塾高校は選ばれてきました。

一人ひとりが自信と誇りを持って次のステージに進むための人づくりはもちろん、日本人が大切にしてきたことの本質に向き合い、礼節を知ることで、海外のまなざしに応えられる人を育てたい。

これからも松風塾高校は、必要な人に選ばれる場所であり続けたいと考えます。

松風塾高校を語る上で重要なキーワード

ゴールデンエイジ

若い時期には鍛えれば鍛えるほど能力が磨かれ、その後の人生の大きな土台が築かれる大切な時期があります。この言葉はもともとスポーツ界で身体能力が最も伸びる時期を指す言葉ですが、松風塾高校では人間力、学力、社会で生き抜く力が最もバランスよく身につく15歳〜18歳までをゴールデンエイジと定義し、生徒一人ひとりに向き合っています。

ボーディングスクール

全寮制の寄宿学校を指す言葉ですが、学力や社会性を身に着ける大切な時期に、少人数教育、家族と離れた寮生活という環境によって、自分で考え、行動する自立心や、コミュニティで生きていくためのコミュニケーション能力が養われます。社会で活躍する人づくりの場として世界的に評価されていますが、松風塾の卒業生の活躍の原点もここにあります。

もっと詳しく>

ひとづくり哲学の3本柱

日本人の精神性

日本に誇りを持ち、礼節ある誠実な青年を目指す

やり抜く力と折れない心

全力で物事に取り組み、失敗しても果敢にチャレンジする強さを育む

共創力と共生の心

他の人の幸せを願い、自立した仲間とともにより良く考え、新しい価値を生み出す

3年後の自分はいったいどんな風に変わっているのだろう?そんな期待を胸に、人生で二度とない成長のための時間の使い道に覚悟を決めた、さまざまな個性が集まる。未来のために厳しさも受け入れ、置かれた環境で知恵を絞り、逃げずに現実に向き合う。積み重ねた経験はやがて自信になり、自ら考え、行動するための軸が生まれる。そして、他の誰でもない自分という存在が、はっきりと見え始める。ボーディングスクールという環境が紡ぎだす日々のドラマが、人をつくりだす。

それが松風塾高校です。

日本人の精神性

日本に誇りを持ち、礼節ある誠実な青年を目指す

やり抜く力と折れない心

全力で物事に取り組み、失敗しても果敢にチャレンジする強さを育む

共創力と共生の心

他の人の幸せを願い、自立した仲間とともにより良く考え、新しい価値を生み出す

3年後の自分はいったいどんな風に変わっているのだろう?そんな期待を胸に、人生で二度とない成長のための時間の使い道に覚悟を決めた、さまざまな個性が集まる。未来のために厳しさも受け入れ、置かれた環境で知恵を絞り、逃げずに現実に向き合う。積み重ねた経験はやがて自信になり、自ら考え、行動するための軸が生まれる。そして、他の誰でもない自分という存在が、はっきりと見え始める。ボーディングスクールという環境が紡ぎだす日々のドラマが、人をつくりだす。

それが松風塾高校です。

松風塾教育の4つの特色

  • 礼節教育

    日本人として胸を張り、世界で輝くグローバル人材づくり

    海外に活躍の場を求めるかどうかに関わらず、これからを生きる若者にグローバル化は避けては通れない課題です。言葉の問題上に大切なのは、互いの違いを認め合い、受け入れる心。そして「日本人とは何か」を語れること。生まれ育った国に誇りを持てるからこそ、相手の国を敬う心も生まれるのです。松風塾高校は、日本の伝統文化と日本人の源流を学び、目に見えないものを畏れ、敬う心を醸成し、世界で活躍できる人材の芯となる「誇り」と「感謝」の精神を確立することを大切にしています。

    もっと詳しく>
  • 学力向上

    ゴールデンエイジを一日も無駄にしない。“勉強がうまくなる”のが松風塾教育

    人としての土台づくりはもちろん、学力の面でも15歳からの3年間はまさにゴールデンエイジ。ボーディングスクールという環境を生かした個別指導を強みとする松風塾高校には、学力を伸ばしたいという強い想いで入学した全国からの生徒たちが集っています。生徒たちの個性を知り尽くすからこそ、授業での一人ひとりの習熟に応じたフォローや、性格に合った勉強法の指導、希望進路に応じた個別補習などの受験対策が可能です。また規則正しい学校生活の中で生徒が勉強法を工夫するため、“勉強がうまくなる”のも松風塾高校の特徴です。

    もっと詳しく>
  • 社会体験教育

    同世代よりも遥かに多い社会との接触機会が考える力を鍛えます。

    人は社会の中で生きています。他の誰かと関わりを持たないわけにはいきません。考えの違う者同士が集まっている社会では、知識や正論を振りかざすだけでは、課題解決はできません。感情を持ち、自分なりの正義を持ち、見方によって長所にも短所にもなりうる、個性を持った、決して完璧ではない存在が人間です。そんな人間が集団となった時に、目の前の課題をどうするか、大きな目標にどう歩むか。「自分で考える」を繰り返し、課題を解決する力を、生きる力を養う。それが松風塾高校の社会体験学習です。

    もっと詳しく>
  • GLE (Global Leadership Education)

    松風塾ならではのリーダーシップ育成プログラム。一流アーティストのコンサートをすべて自分たちで企画・運営

    2017年から、グローバルリーダーシップを育成する体験・実践型教育プログラム(GLE)を実施。世界で活躍するアーティストを招き、生徒自らがイベントの企画運営を行うもので、コンサートの成功のために何をすべきかを自分の頭で考え、議論し、行動します。コンサートだけでなく、本校が大切にする平和をテーマにしたワークショップも実施。このようなプログラムを高校生のみで行うのは全国でも珍しく、一つの場所で共に生きるボーディングスクールだからこそ一体感とともに、大きな成果を生むGLEは地域でも高い評価を得ています。

    もっと詳しく>

NEWS